EN

イベント & トピック

六甲山~有馬温泉 アート・ナイト・プロジェクト ~六甲・有馬の風情感じる秋の夜長、アートと色彩豊かな光の共演~


今年で11回目を迎える六甲山エリアの秋の芸術イベント「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」は、912日(土)から1123日(月・祝)まで開催されています。国内・海外のアーティストの現代アート作品を鑑賞できるイベントとして、作品の素晴らしさとともに六甲山・有馬温泉エリアの自然の移ろいを五感で堪能することが出来ます。


六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020の関連記事はこちら↓
https://kobe-rokko.jp/events/1509/

そして今、イベント期間も折り返しを迎え、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」の更なる魅力を体験できるイベントが登場し、非常に盛り上がりを見せています。ナイトタイムのアート作品を楽しむ夜の芸術散歩、「六甲山~有馬温泉 アート・ナイト・プロジェクト」です。


六甲山の会場に加え有馬温泉にも夜間鑑賞が可能な様々な芸術作品が展示され、ライトアップ、アート鑑賞散歩アプリ活用も併せ、エリア全体が幻想的な芸術空間として演出されています。
今回は、この「六甲山~有馬温泉 アート・ナイト・プロジェクト」で、夜間に鑑賞することのできる作品の中からいくつかを、おすすめ散歩ルートとともにご紹介します。

ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~
六甲山上の「六甲オルゴールミュージアム」、「六甲高山植物園」、「六甲ガーデンテラスエリア」では、ライトアップされたアート作品・建物、そして1,000万ドルの神戸の夜景を満喫できます。もちろん夜間限定作品の展示もあります。

【六甲オルゴールミュージアム】
六甲ケーブル六甲山上駅から六甲山上バスに乗り、約10分で到着。

エントランスゲート


表示の奥に見える灯のともる建物が、六甲オルゴールミュージアムです。


夜間限定作品は、入り口すぐのこの階段を上がった先にある中庭の池で鑑賞できます。


夜間限定作品『過去とはどこか Palindromes and Light  伏見雅之』


六甲オルゴールミュージアムから敷地内の山道を抜けて六甲高山植物園へ向かいます。


『アミツナグ 林和音』

【六甲高山植物園】

六甲オルゴールミュージアムからゆっくり歩いて10分ほどで、六甲高山植物園(西側入り口)に到着。


Glow with Night Garden Project in Rokko 提灯行列ランドスケープ 高橋匡太
中に入るとスタッフの方から提灯を手渡されます。


時間と共にライトアップが様々な色に移り変わっていきます。


自然を彩る繊細な色とバックで流れる音楽が創り出す空間は、神秘的で癒しを感じさせてくれます。

【六甲ガーデンテラス・自然体感展望台 六甲枝垂れエリア】
六甲高山植物園(東側入り口)を後にし、上り坂を左方向へ進み15分ほど歩くと、右手に六甲ガーデンテラスの表示が見えます。

右側の坂を上がっていくと六甲ガーデンテラスエリアに到着です。


ライトアップされた六甲枝垂れが、丘の上に浮かび上がって見えます。


六甲ガーデンテラス


塔の上から眺める1,000万ドルの夜景は息をのむほどの美しさです。


今年の「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」のメインビジュアルに使われた『わたしが縫う景色 史枝』の旗が夜風に吹かれて力強く靡いていました。


自然体感展望台を下りて駐車場を抜けるとすぐに、六甲有馬ロープウェー・六甲山頂駅の案内表示が見えます。


山頂駅へ向かう途中でも作品に出逢えます。
FM802賞受賞作品『あなたを見つける、かなたが見つめる 大野光一』


5分で、六甲有馬ロープウェー・六甲山頂駅に到着。

六甲山頂と有馬温泉を約12分間で結ぶ六甲有馬ロープウェーは、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」の期間中(1017日(土)~11 23日(月・祝)の金曜・土曜・日曜・祝日)、特別に最終便を2130分まで延長運行しています。(※GoTo トラベル事業の「地域共通クーポン」取扱可)
六甲山上の~ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~を満喫した後は、ロープウェーに乗って、有馬温泉で有馬アートナイト、アート鑑賞散歩アプリを使った周遊へ出発。

有馬温泉 ~有馬アートナイト、アート鑑賞散歩アプリ~

スイス製の最新鋭ゴンドラは2台(2色)あり、赤は有馬や六甲山の紅葉を、そしてこのシルバーは山の高さや谷の深さ、スリル感をイメージしてデザインされたそうです。

ゴンドラ・有馬温泉の関連記事はこちら↓
https://kobe-rokko.jp/events/896/


夜間運行時は、ロープウェー内は消灯されています。暗闇にぼんやりと浮かぶ有馬温泉の街並みが印象的。


12分間の空中散歩。有馬温泉駅に到着です。


有馬温泉駅の入り口でアート作品が迎えてくれます。


『有馬の種 松本かなこ』(計3作品が駅舎前に描かれています)

有馬温泉駅を下って15分ほどで温泉街に入ります。
温泉街の小道を進むと、有馬温泉の泉源が点在しています。


泉源からの湯気、そして魅惑的なライトアップが合わさり、あたり一面に幻想的な世界を生み出しています。


御所泉源


AR技術を活用したアート鑑賞散歩アプリを使って鑑賞すると、一味違ったアートを感じられます。

アプリダウンロード、詳しい使い方はこちら↓
http://arima-artnight.jp/


天神泉源


泉源から有馬川にかかる太閤橋の方へ向かって歩いて行くと日帰り温泉の「金の湯」があります。


金の湯の周りでも作品が見つかります。


『有馬の小宿 松本かなこ』


有馬温泉には、こういった風情のある小道が無数に広がっています。


ここでもARアプリでアート体験。


大通りに出て有馬川沿いに下って行くと、右手に赤い欄干がアイコニックな、ねね橋とねね像が見えてきます。
有馬温泉中心地でもっとも有名なスポットの1つです。このほかにも有馬川沿い、太閤橋付近などにもアート作品が展示されています。

また、有馬温泉発着で、「六甲有馬夜景鑑賞バスツアー」も開催されています。こちらは有馬温泉の宿泊者向けに、六甲山からの「1,000万ドルの夜景」や「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」の夜間限定作品を専属スタッフによる特別ガイド付きで鑑賞できるナイトタイムガイドツアーです。(※GoTo トラベル事業支援対象)

詳しくはこちら↓
https://www.rokkosan.com/tabi/tour/252

芸術の秋、秋の夜長、自然を五感で感じながら、様々な形で夜の「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」を心ゆくまで楽しんでみて下さい。


イベント詳細
ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~

期間 1017()18()24()25()1031() 土日祝のみ
111()1123(月・祝) 毎日
会場 六甲オルゴールミュージアム、六甲高山植物園
平日:1830分クローズ(18時最終受付)
土曜・日曜・祝日:1930分クローズ(19時最終受付)
六甲ガーデンテラスエリア
21時クローズ(自然体感展望台 六甲枝垂れは2030分最終受付)
お問い合わせ 六甲オルゴールミュージアム 078-891-1284
六甲ガーデンテラスエリア 078-894-2281
六甲高山植物園 078-891-1247
料金 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020 鑑賞チケット
単施設入場の場合は、六甲オルゴールミュージアム(大人1,050円、小人530円)、
六甲高山植物園(大人700円、小人350円)の入場券でも鑑賞可能。

六甲ガーデンテラスエリア単体は入場無料。
(但し、同エリア内の「自然体感展望台 六甲枝垂れ」は入場料大人310円、小人210円)

大人:中学生以上 小人:4歳~小学生
ライトアップ
時間
ライトアップは17時頃~

六甲有馬ロープウェーの夜間延長運行(※GoTo トラベル事業の「地域共通クーポン」取扱可

期間 1017日(土)~1123日(月・祝)の金曜・土曜・日曜・祝日
延長時間 最終便を2130分まで延長
お問い合わせ 六甲有馬ロープウェー六甲山頂駅 078-891-0031
ホームページ https://koberope.jp/rokko


有馬温泉 ~有馬アートナイト~

期間 1017()1123(月・祝) 17:002230分まで 毎日実施
会場 有馬温泉市街地各所

有馬温泉発着 六甲有馬夜景鑑賞バスツアー(※GoTo トラベル事業支援対象)

期間 1017()1123(月・祝)の土曜・日曜・祝日 20時~22時頃まで
お問い合わせ 六甲山観光() 078-894-2210
受付 当日19時(出発1時間前)まで
お申し込み https://www.rokkosan.com/tabi/tour/252